<世界遺産>吉野山めぐりと大峯山「八経ヶ岳」>>No,2

2016.7.8

霊場吉野と洞川温泉で身も心も清めたManager。

大峯奥駈道へと合流し、弥山・八経ヶ岳を目指し

イザッ!!」・・とは言え、ここ紀伊山地は

1週間に10日雨が降ると言われる程の豪雨地帯

しかも梅雨の最中に台風1号の接近・・。

とまぁ夏嫌いのManagerにとってはまさに修験道。。

 

洞川温泉より、川迫川渓谷を遡り

登山口の行者還トンネル西口(1095m)へ

到着すると有料トイレ・有料駐車場がある。

ここから登山道へ入るとすぐに木橋を渡り

尾根まで1時間の登り。

 

大峯奥駈道出合ここから快適な尾根道となる。

今のところ雨も降らず、昨日とはうって変わって

涼しく適度な風も心地いい!

「ぁあ〜良かった・・」Manager

ダラダラでやぶ蚊にブヨなんて事にならなくて・・

石休場宿跡・1600ピークと進む。

 

弁天の森

 

こんな道が嫌いな人はまずいないだろと思えるような

広く明るい登山道(修験道)・・

 

バイケイソウ

 

苔コケしてとても綺麗だな

 

理源大師像』『聖宝ノ宿跡』

 

このあたりから階段状の急な山坂道となる 

 

時折もぱらついたけどカッパを着るほども無く

明るい尾根に出るとさらに快適

ここにもバイケイソウの群。

 

丸太の階段を登ると小屋が見えてくる。

 

弥山小屋ここもあれこれと有料なようだ。

外のベンチは無料らしい・・。

 

標識に従いそのまま八経ヶ岳方面へ

 

シラビソやトウヒの原生林

 

八経ヶ岳を正面に緩やかに鞍部へ

 

 

すぐにシカよけの柵と標識が現れ

天然記念物「オオヤマレンゲ」の自生地とわかる。

写真は開花して数日経ったものみたいで

つぼみ状の花はとても白くまさに天女花

反対側の柵の扉を閉めて紐のカギをかけ山頂へ

 

八経ヶ岳1914.9m』

深田久弥、申すところの百名山の一つ。

 

山頂には大きなザックの傍に

座り込んだ若者がひとり。

 

「どこから来たの?」Manager

「吉野です・・・」若者

「・・・」Manager

若者はジップロックに手を突っ込み、

行動食らしきを必死にむさぼる

「ぁ、いや・・千葉です」若者

「クラブ?」Manager

「ワンゲルです」若者

 

明星ヶ岳方面

 

しばし大峯山脈の山並み

 

「じゃ!ども」若者

「じゃ!気を付けて!」Manager

彼は再び大きなザックを背負い、

明星ヶ岳方面へ向けて奥駈道を下って行った。

若者の後姿と別れ、Managerは往路へ

 

袈裟やほら貝、錫杖なんて持ってないけど

彼も現代の山伏(修験者)。

きっとこの旅で彼の生涯において

誰も知らない、何ものにも代えがたい

何か・・を得て帰って行くんだろう。

意義のある行動だ。

漠然と思う。

 

小屋の傍にある立派な標識

 

 

八経ヶ岳方面

 

弥山(1895m)』山頂と『弥山神社

弥山小屋で休憩し往路下山。

 

奥駈出合の標識を左へ

今朝来た急な山坂道を下り木橋が見えると

すぐに行者還トンネル西口登山口。

今回は登山口発6:00、ほぼコースガイド通りの

標準タイムで歩ける。

 

歩行距離≒11km

歩行時間≒約7時間

高度差≒800m

難易度≒準山伏級

 

同行された皆さんに感謝!

ダン・ニャバード!」By Manager

『再会の春に感謝』>>クライミング・アベニュー
2016.3.20
下界でもあちらこちらで忙しいくらいに
舞い降りているようです。
日の当たる外岩は汗がにじむ程のポカポカ陽気。
あれこれとひと段落し、ようやくいつものゲレンデへ

嬉しい再会
最近、常々感じる事でもあり、ちょと大げさ
なのかもしれませんが、
人と人の縁には不思議と巡り合わせ
があるのかもしれません。
そしてお元気そうで何よりです。


ダン・ニャバード」By Manager
「大嫌いだ〜!ソロトレ・・」>>クライミング・アベニュー
2016.2.15
「やっぱトップロープなんかであ〜だこ〜だ言いつつ
ワイワイやるのが楽しいし・・」Manager

てなわけで大嫌いなソロトレ開始。

そして靴を干す・・もとい靴を履き替えて重りに。

先輩から頂いたマイクロセンダー。
マイクロセンダーは9mmより太いロープを使用した
場合、4kNで滑り始めます。またロープの状態を
考慮する必要があります(取説より)。
本日も相当にビビるManager。

終了点にて回収完了!
上達って言葉知ってるあるか?」ドレッド
「何・何?なんだそれ・・」Manager

風は冷たく一面の粉雪と雪雲に覆われてきた。
「こりゃもののけタイムだ・・帰ろべ!」Manager

ダン・ニャバード!」By Manager
「こそ練・・?」>>クライミング・アベニュー
2016.2.11 in Madogayama
憩いの森には若干の雪が残り、風は冷たいものの、
この季節にしては快適。
「誰もいね〜の・・?」Manager.
てな訳で通称コソレン(こそっと練習)だヨGo~~!


午前10時の。高層雲の一種か飛行機雲か・・
定かじゃないけど、24時間で天気は下り
今は穏やかに晴れて岩に触ると暖かい
たまに「ヤッホ〜!」と子供達の声が聞こえて来る。
ぉおっ仲間か?「ヤッホ〜〜ィ!」Manager.
と言ったかどうかは分かりませんが、そこはコソレン。
ロープをたらして静かに上げ下げ。

蜘蛛になりきるManager・・至って地味。

軽い凍傷になった右手中指の痺れは先端の一部のみ
となりテーピングすればほぼ問題なし
「ホッ・・!」

午後4時半の。下界に若干霞。
「日が長くなったな」
ダン・ニャバード!」By Manager
初心「ガォオ〜!」in蔵王>>Climbing Avenue
2016.2.7
「快晴!快調?!」ってな訳でやって参りました一行。
福山市の中心部にある蔵王山(226m)
「ここって町の中ですぜぃ兄貴!」Manager
こんな住宅街でクライミング?と言った塩梅ですが
ゲレンデは岩山観音歩道、巌山観音堂の傍
標高70m程にドォ〜んとありました。駐車場から5分
「なななんて好リッチ・・」Manager


青空の福山市内が一望
ゲレンデは南面で日当たり良好。


ゲレンデに到着すると、すでに準備中の某会の皆様

高さは25m程、トップロープをセット。
ルートはきれいに整備されています。


一段下のハングした岩。
ここもハーケンやボルトが打たれています。


こちらが蔵王名物?「大王松」の松ぼっくり・・
「で・で・で・でかい!」Manager

ゲレンデそばと申しますか、ゲレンデそのものが
こちらの観音堂

かわいぃクライミングシューズや子供達。
そう、本日はキッズクライミング〜〜!
Managerのキッズなりすまし作戦もあえなく、見学〜!
「もぅ40年遅く生まれていれば・・」Manager


いやはや、怖がりながらもトライするチャレンジ精神に
脱毛!」もとい「脱帽!」


お昼は街へ繰り出し尾道ラーメン大盛
そして午後から・蔵王クライミング!

フェリベトゥンラ!」By Manager
小さな山の道具箱>>JETBOIL(ジェットボイル)SOL>>Climbing Avenue

いよいよ冬将軍が大暴れ!
「ほれぇ〜っ!ど〜じゃ〜〜っつ!!」将軍
と言わんばかりに吹雪いておりますManager上空。
ってな訳でこんな日は久々の「小さな山の道具箱」
今回はこちら ↓↓↓ JETBOIL(ジェットボイル)SOL.

JETBOIL(ジェットボイル)確か1年程前に購入しましたお気に入り。
日本ではモンベルが輸入販売のMade in USAで種類や
カラーも豊富。気軽にクライミングやハイキング時に
ザックに入れる気になる優れもの・・。

<メーカー商品説明>
保温クッカーと熱効率の高いストーブがセットになった
簡単便利なアウトドア用調理器具。-6度でも安定した
火力を発揮するサーモレギュレートテクノロジー
搭載し軽量かつ高出力を実現した究極の性能と信頼性
を持つコンパクトモデル。
クッカーの底のフラックスリングが抜群の熱効率を実現。
クッカー側面を覆うネオプレンのカーゴコジーは断熱性
が高く調理中でもクッカーを素手で扱えヒートロスも防ぎます。
カートリッジに装着して転倒を防ぐスタビライザーと、他の
クッカーに対応するゴトクが付属。ジェットボイル®の
オプションパーツが使用可能です。点火イグナイター付き。

と言った塩梅
発売当初のモノからあちこちモデルチェンジ・
マイナーチェンジを繰り返しているようで今はさらに新型も
発売されて進化しているようです。

クッキングセットと言うだけに一応すべてがコンパクト
収納可(箸やフォーク、スプーン以外)。

フタを開けて100gのガスカートリッジとコンロを取り出し、
こんな感じに組み立てればOK。
こちらはアルミモデルなのでラーメン等、直接調理も可。
簡単レシピhttp://www.jetboil.jp/menu88/

水を入れてカップを載せてひねれば完了。
ゲッツ・・・・もう沸いた」Manager
驚愕の速さ・・のんびりレトロにランチって間もない。
カップラーメンのビニールをはいで、粉末スープを
入れ終わる前に沸いてしまいそうだ。
そしてハイブリッド車並みの燃費効率。
コンロオタクのManager・・いつの日か騙された
と思う日も来るかもしれないけど・・
今のところ騙されたまま

作りはいかにもUSAチックだが軽さと便利さで勝ち
付属のゴトクを付ければ普通のコンロに変身。
使わない時は出しておけばさらに軽量化。

ダン・ニャバード♪」By Manager

「リハビリ完了!そして冬将軍?」>>クライミング・アベニュー

2016.1.17: in Madogayama
凍傷による指のしびれは取れないものの・・
「リハビリ完了〜〜・・!?」Manager
てなわけで、ようようゲレンデ上空も冬の空

「午後から次第にとなるでしょう。降水確率は70%
岩は冷えるでしょう・・」窓ケ山気象台
と言った放送が聞こえて来そうな空模様ではありますが
懲りずに現れましたManager&3人の勇士
短い時間にもかかわらず充実した内容に感謝。
「ありがとう!フェリべトゥンラ!」By Manager

「いつまでリハビリ編だよっ!No.4」>>クライミング・アベニュー

2016.1.10 : in Madogayama
暖冬とは申しましても、街の冬はとても寒く・・
「ぉ〜さびっ・・」っと、ついつい肩をすぼめて
背中を丸める下界のManagerであります。
しかし太陽いっぱい小春日和と相成りし本日、
窓の”妖精”も、”もののけ”もびっくり!ってな訳で
「ぁ〜っつ〜ぅっ!こんなんいらんわ!」
フリース投げ捨てGo!
いつまでリハビリ編?だよっ! No.4」

<年末山行>木曽駒・宝剣で軽い凍傷にやられた右手
中指は感覚があまり無くしびれたまま・・怪我防止に
テーピングで固定したところ、結構力も入り良好。Slow
スタート9:00〜とは言えリトライ含む14本。
気づけば太陽も西峰に・・
「ありがとう、フェリべトゥンラ!」By Manager

<中央アルプス>木曽駒ヶ岳・宝剣岳>>Climbing Avenue

Manager宝剣岳(2831m)宝剣岳(2931m) 「リハビリだょ?No.3」ってなわけで
所属会の年末山行<中央アルプス>木曽駒ヶ岳〜
宝剣岳に突撃参戦させて頂きました。
「天気最高!突撃参加でGo〜!」Manager

Date>2015年12月29日〜30日
Member>(HWAC+岳友クラブ)5名
28日:広島20:00-駒ヶ岳SA(仮眠)
29日:駒ヶ根IC-菅の台P-しらび平-千畳敷駅-
乗越浄土-宝剣山荘前(幕営)
30日:中岳-駒ヶ岳-宝剣岳-往路下山-
APA HOTEL大垣駅前泊(忘年会)
31日:大垣IC-名神・山陽-広島16:30

駒ヶ岳神社菅の台バスセンターPからバスでしらび平へ
そこからロープウェイに乗り換え一気に標高2612m
に到着・・ホテル千畳敷は冬期も営業しており快適
準備ができる。アイゼンを付けて外に出ると
目の前は千畳敷カールの絶景。

駒ヶ岳神社にて、無事下山と合格祈願!

千畳敷カールへ「恒例、イザッ!行くさね(戦ね)!」Manager

千畳敷カールほぼ夏道に沿って続くトレースを行くO氏。
寝不足はこたえるあるな・・」Manager

H氏徐々に急斜面となり、稜線が近づくにつれて
雪煙が巻き上がる。
「げ・・誰だこの人・・」Manager

O氏とM.H氏

<乗越浄土>
強風地帯の風は容赦ない「あなどれませぬな・・」

乗越浄土M.H氏
「風かブ〜〜ッ」M.H氏
ここ!ここ!ここにしよ〜!」CL M氏
「ほいきた!テント!ダン6!テント!」Manager
宝剣山荘(たぶん)と思われる(屋根しか見えない)
小屋のそばを全員で均してテントを設営

夕日の宝剣岳夕日に染まる伊那前岳方面のピーク。

ランタンとコンロに着火してホッ・・今宵は煮込みラーメン
がしかし、どこからともなくテント内に舞い込む粉雪・・
そしてバタバタと鳴り続くフライ・・
「こりゃ冷えますな・・今夜は・・」Manager

テン場ひと晩中テントはバタバタと暴れ何度か目が覚めたけど
結構眠れました。翌朝、中岳〜木曽駒へ向けて出発。

中岳へ快晴!

中岳への登り

中岳(2925m)中岳(2925m)CL M氏(右)とM.H氏

駒ヶ岳山頂木曽駒ヶ岳(2956m)

木曽駒ヶ岳(2956m)ヤッホ〜ぃ!」と言ったかどうかはわかりませんが・・
何だか嬉しそうな両氏。

駒ヶ岳神社木曽駒ヶ岳神社

木曽側木曽駒ヶ嶽神社エビの尻尾とシュカブラ

御嶽山正面に御嶽山、右は乗鞍・北アルプス方面
「あれあれ!槍ヶ岳が見えるょ!」O氏
「こりゃ凄い ・・」Manager

木曽側木曽駒ヶ嶽神社と、奥は伊那側にある伊那駒ヶ嶽神社木曽駒ヶ岳神社、左奥は伊那側にある伊那駒ヶ嶽神社。
右後方に宝剣岳、左が南アルプスと士山

M氏一旦テン場まで戻り、登攀装備を付けて眼前の宝剣岳へ
雪壁状を右上するM氏。

フォローするManager、雪壁中途でトップを交代し
山頂肩にてロープをフィックス。
ここでロープを解いて山頂へ(スリップ注意)。

宝剣岳(2931m)宝剣岳(2931m)にて
ィエ〜〜ィッ!」Manager
やっぱ何だか嬉しい。

極楽平方面

「こりゃすげ〜!」360°大パノラマ
全員で堪能し慎重にテン場まで下り撤収



千畳敷カール

CL,SLはじめメンバーの皆さんに感謝
フェリべトゥンラ!」By Manager

リハビリ編だよっ!No.2>>クライミングアベニュー

2015.12.20
師走も半ばを過ぎ、ますます足早に駆け抜け、
年末まであと少しとなりました。
気持ばかりが焦るってものですが、
とにもかくにも懲りずにやってまいりましたManager。
ってなわけで本日一人、リハビリだよ!Go~!No.2

フェリべトゥンラ!」By Manager

CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
  • TR FOR TR <vol.5>Twodays in Mikura>> Climbing Avenue
    Manager (11/26)
  • TR FOR TR <vol.5>Twodays in Mikura>> Climbing Avenue
    こばやし (11/26)
  • <小さな山の道具箱>焚火でぎゃおボ〜ボ〜♪Climbing Avenue
    Manager (05/07)
  • <小さな山の道具箱>焚火でぎゃおボ〜ボ〜♪Climbing Avenue
    ogurockman (05/07)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    ogurockman (04/26)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    Manager (04/26)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    ogurockman (04/26)
  • <白木山>ボッカハイクで「ベロ〜んチョ」>>Climbing Avenue
    横浜五郎 (04/08)
  • >>クライミング・アベニュー「ガォオ〜!」 in 備中 (2011.2.13)
    Manager (06/12)
  • >>クライミング・アベニュー「ガォオ〜!」 in 備中 (2011.2.13)
    yagi (06/12)
PROFILE
Manager
Manager
人気ブログランキング
ヤマコレ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
ランキング参加中!
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.