<剱岳 源次郎尾根>2016.8.12>前編>Climbing Avenue

源次郎尾根は剱岳の頂上から剱沢に向けて高度差

950m、美しいラインで落ち込む急峻な尾根である。

北に長次郎谷、南に平蔵谷と言う剱岳を代表する

二つの谷にはさまれ、顕著な二つのピークを持つ。

       (日本のクラシックルート/山と渓谷社)

無積雪期、残雪期ともに行ってみたいルートとして

長年、しおりがはさまれたまま・・。

 

源次郎〜剱岳てなわけで今回、所属会の自主山行に突撃参戦!

「念願の源次郎尾根だよイザッ!行くさ(戦)ネ!」

 

Date>2016年8月10日(夜)〜15日

Member>9名(HWAC4名、呉3名、岳友クラブ2名)

Route>剱沢BC〜剱岳〜北方稜線〜池ノ平〜剱沢BC

 

後発隊、HWAC4名

8月10日猛暑日&熱帯夜。

20:00広島発〜翌朝8:10のケーブルカーに乗車。

まずは、ベースキャンプの剱沢へ向かう。

 

掲示板を確認!天候は問題なさそうだが、

事前情報通り剱沢方面、通行危険!の文字・・

現地で確認を!とある。

 

室堂ターミナル約10年ぶりの室堂は「山の日」と相まって

観光客やハイカー登山者と相変わらずの賑わい。

朝の室堂は下界に比べるとやっぱ涼しい

 

延命水剱沢までの水を補給。

 

CL、M氏とK氏。

共同装備のテント2張、食料他でザックはパンパン

 

ミクリガ池前回来た時は雪下だったブルーが美しいみくりが池。

 

雷鳥平雷鳥平とたくさんのテント。

「あそこまで下って、あっこまで登ってまた下る・・

まだまだあるな・・けど絵葉書みたいだ」Manager

 

別山乗越への登り

 

「ぁあっ!イチゴ!」ついばむH女氏

 

「きっつ〜やっぱ夏は嫌いだ!」Manager

 

別山乗越Managerドンケツで剱御前小舎到着。

あの日以来、ザックの雨蓋には「救心!」

「ニトロ!」(他人様用)「芍薬甘草湯」

「ダイアモックス」を常備・・。

 

「ドォ〜ン!」やはり目標が見えると元気が出る。

 

剱沢剱沢BCにて、先発隊と合流、これで9名が揃った。

富山県警HPの情報通り

剱沢雪渓(特に平蔵谷出合〜長次郎谷出合)及び

平蔵谷雪渓は融雪・崩壊が激しく極めて危険な状況。

多数のクラックがあり崩壊・崩落する事が予想され、

通行困難巻き道の通行も困難との掲示。

 

はてさて行っていいのか?行けるのか?

富山県警山岳警備隊 剱沢派出所にて確認したところ

自粛」規制との事。

自己責任で=(行くオール)

「何かあったらただじゃすまさんぞ!」

「ぇぇ〜〜そんなの無理だって!!!」H女氏

「いやいやまぁまぁ・・」CL,M氏

「んだんだ・・」O氏

「行くに決まっとるじゃろがぁ!」Manager

と言ったかどうかはわかりませんが、

最終判断はCLに・・と言うわけで

出発は明日の朝だし、時間もたっぷりある。

ベース用テントを張って天上の楽園でしばし団欒

 

トウヤクリンドウ

<CL結果発表>

その1:雪渓の通過は明るくなってからにする。

その2:呉3名は予定通りライト&ファーストで

源次郎〜本峰〜別山尾根へ。

その3:北方稜線予定の6名は本峰〜池ノ谷乗越

または三の窓で幕営後、本峰まで戻り別山尾根を下山。

幕営装備一式と水を持参。

予定ルート(エスケープルート含む)通りに行くと

通行不可区間は避けられない。

CLの挑戦か?

「フル装備だぜ!イザッ!」Manager

 

予定を1時間遅らせて4:30 出撃!

 

剱沢の雪渓が現れる。

警備隊の指示通り右岸側のふみあとを下る。

 

特に問題なく平蔵谷出合に到着。

100m程先、正面に取り付への道と先行パーティー

が見える。

 

「アイゼン装着!」CL

「えっ!アイゼンが付かん!何で?何で?!」H女氏

=(行くオール)パニック

 

思い思いに間隔をあけて慎重に渡る。

特に問題無いけど、一か八か的なコース取り。

 

6:00いよいよ源次郎尾根に取り付く。

正面の支尾根に向けて伸びる急斜面を登って行くと早速、

ロープの垂れた岩が現れる。

 

ゴムみたいに伸びるロープを補助に登る。

こここからはダケカンバ・ハイマツの木登り状態。

ザックの外には不要なモノはできるだけ付け無い方が無難。

 

再び下部にロープの垂れた岩が現れる。

ここで先行パーティーのリーダーらしき方がロープを準備中。

安全第一で行きます」リーダー

「こちら9人いますので私がリードしましょう」Manager

とロープを出すと確保してくださった、感謝。

岩の上も狭くスペースがないので、リーダーを確保後

ロープをフィックスし先へ進む。

画像はフォローで登るH女氏と見守るO氏

ちなみにロープは無くても問題なく登れる。

 

徐々に開けてくるがまだまだ支尾根

簡単な岩稜帯を次々に登って行く。

 

呉パーティーのK,Y氏とH氏。

このあたりにはブルーベリーがたくさん。

「ブルーベリー!」と言いながらついばみ続ける後方のH女氏。

 

再びロープを出して慎重に行く先行パーティー。

我々はロープ無し。

 

だいぶ空が広く見えてきた。

 

尾根の合流地点あたりは右のルンゼへ落ちるザレ場。

左にブッシュも巻けるがルンゼ上部に沿って尾根に出る。

ここは結構危ない。

 

「どこまで続いとんじゃ!」Manager

天に向かって延びる尾根

 

高度感も出てくる。

さすがにピーカンでこの登りはキツイ

 

今朝出発した剱沢

「だいぶ登った・・キッツイのは俺だけ?」Manager

 

ようやく喫の肩で大休憩。水4L(食料用含)

持って来たけど、飲んでもすぐに喉が乾く。

 

喫(2709m)

 

八ッ峰と熊の岩方面、テントが見える。

 

喫より曲を望む

コルまで下り、ハイマツさかいのリッジを登り返す。

クリックで拡大するとリッジを登る人とスケールがわかる。

 

曲直下の高度感のあるトラバース

50cm・・を行くH大先輩。

 

曲曲(2770m)より本峰を望む。この先がラッペルポイント

 

しっかりした支点がある。全員が揃ってから

8mm×30mロープを繋ぎ、懸垂下降

 

出だしは下が見え難く、クライミング経験の多い人ほど

余裕がある。

 

下から見た様子。30mロープいっぱいで丁度

途中のバンドに支点があるので50m一本でも下降できる。

 

全景、このラッペルが源治郎尾根のハイライトか・・楽しめる。

ロープを使うのは基本的にはここだけ。 

 

古いガイドブックのルート図

こちらは取付から一部ルンゼに入るルート。

バリエーションルートなので取付から本峰まで

標識やマーキング等は一切ありません。

 

チシマギキョウ、ウサギギク、イワツメクサ、チングルマ。

 

>><剱岳 源次郎尾根>後編へ・・つづく

    ↑↑こちらをクリック↑↑

 

ダン・ニャバード!」By Manager

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://climbing-avenue.fill-fill.com/trackback/1276046
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
  • TR FOR TR <vol.5>Twodays in Mikura>> Climbing Avenue
    Manager (11/26)
  • TR FOR TR <vol.5>Twodays in Mikura>> Climbing Avenue
    こばやし (11/26)
  • <小さな山の道具箱>焚火でぎゃおボ〜ボ〜♪Climbing Avenue
    Manager (05/07)
  • <小さな山の道具箱>焚火でぎゃおボ〜ボ〜♪Climbing Avenue
    ogurockman (05/07)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    ogurockman (04/26)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    Manager (04/26)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    ogurockman (04/26)
  • <白木山>ボッカハイクで「ベロ〜んチョ」>>Climbing Avenue
    横浜五郎 (04/08)
  • >>クライミング・アベニュー「ガォオ〜!」 in 備中 (2011.2.13)
    Manager (06/12)
  • >>クライミング・アベニュー「ガォオ〜!」 in 備中 (2011.2.13)
    yagi (06/12)
PROFILE
Manager
Manager
人気ブログランキング
ヤマコレ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
ランキング参加中!
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.