経小屋山<バリエーション>残念尾根>>Climbing Avenue

下町のバリエーションは藪漕ぎで?がんす」
てな訳で再び、やって参りました一行。
今回のメンバーは510氏、Managerの2名。

宮島街道を走ると、大野・宮浜温泉あたりから、
西にそびえる岩々した山並(経小屋山596m)。
「あの岩々は登れるあるか・・?」Manager
と言う、いたって単純な動機・・。

アプローチは宮浜温泉駐車場からスタート。
経小屋山ハイキングコース&残念社(四国街道)
と言う標識に従って、まずは残念社を目指します。

その昔、幕府の武士が、戦闘員と間違えて狙撃され
最後に「残念!」と言って倒れたそうです。
武士の無念と無事下山を願ってパチパチ♪

残念さんな石碑

残念社手前からバリエーションルートへ。
前回ご協力頂いた強力藪漕ぎカマーO氏のお陰で
イバラの藪も随分と歩きやすく感謝であります。

岩稜帯をバックに・・本日の藪漕ぎカマー510

宮島が目の前に見えます。

兜岩?この岩が現れるともうすぐ

取り付き付近からの眺め。正式な名称はよく分からないけど、
入手したトポには左岩稜ルートとある。
一番取り付きやすそうな凹角状クラックを直上。

上からの絵図。予行演習を兼ねてロープを出すも・・。

残念ポーズ?なManager

ズリズリ行く510氏

上部に見えるサビとを目指して進む。

鎖場直下

鎖の上からの絵図。
「こりゃ鎖は持たん方がええわ・・
ロープいらんし・・ジャマィイ〜カ〜♪」Manager

その一段上

ここからは再び、岩と藪漕ぎをひと頑張りで登山道と合流。

経小屋山山頂

下山は分岐まで戻り、宮浜温泉方面へ

分岐の標識



GPSログ&トラックデータ
(iphon6/FieldAccess/カシミール3D)
歩行距離:約6km
歩行時間:約4~5H(休憩/飯含む)
難易度:下町のバリエーション

ダン・ニャバード」By Manager

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://climbing-avenue.fill-fill.com/trackback/1276014
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
  • TR FOR TR <vol.5>Twodays in Mikura>> Climbing Avenue
    Manager (11/26)
  • TR FOR TR <vol.5>Twodays in Mikura>> Climbing Avenue
    こばやし (11/26)
  • <小さな山の道具箱>焚火でぎゃおボ〜ボ〜♪Climbing Avenue
    Manager (05/07)
  • <小さな山の道具箱>焚火でぎゃおボ〜ボ〜♪Climbing Avenue
    ogurockman (05/07)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    ogurockman (04/26)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    Manager (04/26)
  • 自作トレーニングボード>追加>>Climbing Avenue
    ogurockman (04/26)
  • <白木山>ボッカハイクで「ベロ〜んチョ」>>Climbing Avenue
    横浜五郎 (04/08)
  • >>クライミング・アベニュー「ガォオ〜!」 in 備中 (2011.2.13)
    Manager (06/12)
  • >>クライミング・アベニュー「ガォオ〜!」 in 備中 (2011.2.13)
    yagi (06/12)
PROFILE
Manager
Manager
人気ブログランキング
ヤマコレ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
ランキング参加中!
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.